FC2ブログ

iPhoneが大好きなんだよっ!!

大好きなiPhoneの便利な使い方や、釣り温泉など好きな事を気ままに書いて行きます。

日焼け止めがやばい?SPF50が話題。効果時間は?


 
一気に暑くなってきたせいか、日焼け対策が話題です。気になるのは日焼け止めですね。
日焼け止めにはSPFとPAが表示されていますがSPFとかPAって?

⒈紫外線にはUVA・UVB・UVCの3種類ある。
⒉SPF (Sun Protection Factor)はUVBを防ぐめやす。
⒊PAはUVAを防ぐめやす。
⒋SPFは2から50までの数値で表されますが、表示する数値は「50+」が最高。
⒌PAはその効果を実感しにくく、長期的な悪影響を数値にすることが難しいため、数値化されていない。
⒍PA+   → UVA防止効果がある。
⒎PA++  → UVA防止効果がかなりある。
⒏PA+++ → UVA防止効果が非常にある。
⒐SPFっていうのはその日焼け止めの効果が持続する時間。SPF1あたり20分の効果持続。SPF50(20時間50分)
日焼けを防ぎ、シミを予防する為にはSPFもPAも高いものを選ぼうと思いますが、日常生活で紫外線を予防するのであればそんなに高い数値でなくても大丈夫そうです。
いくらSPF値が高いのを選んでも汗などで流れてしますと効果なしです。こまめに塗りなおすことが大事ですね。

ではUVAとUVBとは?
UVA
通年で照射されている
地上に届く紫外線の95%
ガラスや雲で遮断不可能
真皮まで届き肌老化の主な原因に
防御効果はPA+ PA++ PA+++ PA++++にて明記
UVB
地上の届く紫外線の5%
夏の照射が多い
ガラスや雲で遮断可能
日焼けを起こす原因
防御効果はSPFにて明記

日本皮膚科学会という公的機関からの目安
日常生活・・・SPF5
軽い屋外活動・・・SPF10
炎天下のスポーツや海水浴・・・SPF20
熱帯地方での屋外活動・・・SPF30以上

日本で生活するならSPF20もあれば大丈夫。

SPFの数字が高いと何がやばいの??
日焼け止めクリームの副作用については、2001年にスイスの研究チームがその発表を行っています。日焼け止めクリームに含たまさかる限定部分の物質がエストロゲンのように振舞うことで子宮の成長を加速することが在る、というマウスによる実験結果の発表です。
↑のような研究結果が発表されていますね。

他にSPF50の日焼け止めには、「紫外線吸収剤」という物質によって紫外線を防いでいるとの記事も見かけました。「紫外線吸収剤」とは、紫外線を吸収し化学反応を起こして熱エネルギーに変えて放出する物質です。皮膚の上で化学反応を繰り返すため肌に負担をかけるそうです。
何事も過ぎたるは及ばざるが如しなのですね〜
ちなみにリクガメなどの紫外線が必要な爬虫類に大事なのはUVBのほうです。
こちらも様々な意見や研究があるようなので、なにが正解かわかりませんね。
爬虫類に関して一つ言えるのは太陽光は正義ってことですね。

↓紫外線吸収剤が含まれていないノンケミカルタイプの日焼け止めです↓

↓我が家のリクガメに使用している紫外線ランプ↓

FC2Blog Ranking


人気ブログランキングへ

スポンサードリンク

[ 2015/05/02 17:46 ] 商品紹介 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

楽天オススメ商品♪

プロフィール

さく

Author:さく
好きなものについて色々書いていこうと思います。Apple製品について豆知識など紹介していく予定です。

いらっしゃいませ♪
FC2アフィリエイト
google
Amazon人気商品