iPhoneが大好きなんだよっ!!

大好きなiPhoneの便利な使い方や、釣り温泉など好きな事を気ままに書いて行きます。

少子化、核家族化で散骨や樹木葬が増える?


我が家も来月に散骨を行うことがほぼ確定。樹木葬も検討したが、故人の遺志もあり散骨する予定です。
樹木葬とは?
樹木葬は、墓地、埋葬等に関する法律による許可を得た墓地(霊園)に遺骨を埋葬し、遺骨の周辺にある樹木を墓標として故人を弔う方法である。遺骨を埋葬するたびに新しい苗木を1本植えるケースや、墓地の中央にシンボルとなる樹木を植え、その周辺の区画に遺骨を埋葬するケースなど様々な方法がある。
墓地によって、全体を樹木葬墓地とする場合と、一般墓地や芝生墓地と樹木葬墓地を併用する場合がある。
墓碑として用いられる樹木は大きくならない低木が一般的で、ハナミズキ、サルスベリ、ウメモドキ、エゾアジサイ、ムシカリ、ツリバナ、モミジ等があげられるが、植樹する地域で生育できること、生態系に悪影響を与えないことなどが配慮される。
ペットなどの動物葬では以前からよく行われていたが、人間のための樹木葬墓地は1999年に岩手県一関市に登場したのが日本初である。2012年には、小平霊園に都立霊園初の樹林墓地が完成した。

散骨との違いは?
樹木葬は墓地として許可を得た場所に「埋める」のに対して、散骨は墓地以外の場所に「撒く」という違いがある。
樹木葬は墓地として許可された場所へしか遺骨を埋葬できないというデメリットがある反面、樹木葬墓地の形態によっては墓地となっている里山を育てる効果があるとされる。樹木葬は墓地埋葬法に沿っているため、散骨のように遺骨遺棄罪に問われるおそれはなく、遺骨を細かく砕く必要もないが、通常の墓地と同じく埋火葬許可証が必要である。また、現在埋葬されている墓地から樹木葬に改葬する場合には市区町村長の改葬許可が必要となる。

そもそも遺骨を海に散骨する行為はグレーである。現状、取り締まる法律がないから行えるわけだ。
遺骨自体の処分方法を役所に問い合わせたことがあった。
普通は火葬した後に一部の遺骨を埋葬したり、納骨堂に収めることでしょう。
なんらかの理由でそれが出来ない人はどうするのか?
役所に尋ねると、結果から言えば捨てて良いと。
詳しく説明すると、人骨と分からないように砕いてゴミに出せば問題ないとの回答だった。
この理屈を利用して散骨は行われているのだろう。
人骨と分からないように細かく磨り潰して、海上から散骨する。
そう考えると微妙な話で、結局ビジネスでしかないのかな~と思ったり。
家では総費用13万円前後で10人くらい乗り込んで(クルーザーらしい)散骨する予定です。
散骨業者まとめリンク

スポンサードリンク

[ 2015/04/20 12:45 ] 呟き | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

楽天オススメ商品♪

プロフィール

さく

Author:さく
好きなものについて色々書いていこうと思います。Apple製品について豆知識など紹介していく予定です。

いらっしゃいませ♪
FC2アフィリエイト
google
Amazon人気商品