FC2ブログ

iPhoneが大好きなんだよっ!!

大好きなiPhoneの便利な使い方や、釣り温泉など好きな事を気ままに書いて行きます。

人手不足で「施設の統合」検討 厚労省 NHKニュース

人手不足で「施設の統合」検討 厚労省 NHKニュース

厚生労働省は、▽介護職員が、いわゆる団塊の世代がすべて75歳以上となる10年後の2025年に全国でおよそ33万人不足する一方、▽保育士は、2018年に全国でおよそ7万人足りなくなると推計しており、地方や中山間地域の福祉施設で人手不足が深刻化し、存続が難しくなるケースも予想されるとしています。
こうした状況を受けて、厚生労働省は、介護施設や保育施設、障害者施設を1つにまとめて運営できるよう規制を緩和することや、将来的に介護福祉士や保育士、准看護師などの資格を統一することを検討する考えです。

数日前の記事ですが、福祉施設の従業員には否定的な意見が多いですね。
否定的な意見は、これ以上仕事量が増えたら耐えられない低賃金でやってられないなどが本音でしょう。

元々、バンクミケルセンにより提唱された「障害者を排除するのではなく、障害を持っていても健常者と均等に当たり前に生活できるような社会こそがノーマルな社会である」所謂、ノーマライゼーションの考え方で
障がい者、健常者、高齢者、児童などで分けるのではなく同じ施設で生活したり利用したりとの方向で国の政策も進んでいると認識していました。

私はどんな方でも利用できる施設を増やすべきだと思います。
現状では65歳になったら障がい者施設を出て高齢者施設を探し移らないといけなく、長く住み慣れた施設を出ていかざるを得ない障がい者の方たちの中には先行きの不安から不穏になられる方が少なくないです。
2013年4月から従来の自立支援法の変わり総合支援法施行されました。
これにより障がい者ケアホームとグループホームが一元化され、グループホーム入所者は65歳を越えて生活出来るという認識でしたがどうなったのでしょうかね?

話は少し逸れましたが、介護と看護を一元化するのはあり得ないですね。介護と看護では知識や技量が違いすぎます。介護と保育士の一元化なら可能性はありそうですが。
しかし、この業界は賃金が安いと嘆かれる方が多いですが、極論ですが、賃金を上げたいならみんな辞めてしまえばいいと思います。そうすれば賃金を上げざる得ない。
それと10年後にはロボット化が進み人手不足は解消に向かうのではないですかね。
20年後かもしれませんが。
ノーマライゼーション原理とは何か―人権と共生の原理の探究

ノーマライゼーションが生まれた国・デンマーク (MINERVA21世紀福祉ライブラリー)


スポンサードリンク

[ 2015/03/21 21:32 ] 福祉 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

楽天オススメ商品♪

プロフィール

さく

Author:さく
好きなものについて色々書いていこうと思います。Apple製品について豆知識など紹介していく予定です。

いらっしゃいませ♪
FC2アフィリエイト
google
Amazon人気商品